TSマーク

TSマーク(TRAFFIC SAFETY)制度とは

TSとは、TRAFFIC SAFETY(交通安全)の頭文字をとったもので、2種類が制定されています。

青色TSマークと赤色TSマークは、自転車安全整備士が点検整備した普通自転車に貼付し、マークによって付帯保険の補償額が異なります。
自転車を安全に利用してもらうための制度で、自転車安全整備士が自転車を点検、整備して道路交通法上の普通自転車として確認をしたときに貼られるマークです。
このマークが貼られている自転車には傷害及び賠償責任保険が付加されます。

TSマークには、青色マーク(第一種)、赤色マーク(第二種)があり、それぞれ付帯する傷害保険と賠償責任保険の限度額が異なります。

TSマークの種類

TSマーク(青)

TSマーク青賠償責任補償[限度額]  1000万円
傷害補償[死亡・重度後遺障害] 一律 30万円
傷害補償[傷害入院15日以上] 一律 1万円

TSマーク(赤)

TSマーク赤賠償責任補償[限度額]  1億円
傷害補償[死亡・重度後遺障害] 一律 100万円
傷害補償[傷害入院15日以上] 一律 10万円
被害者見舞金[入院加療15日以上] 一律 10万円

TSマークを取得する3つのメリット

  1. 点検・整備 自転車が道路交通法の基準に適合するよう安全整備士が点検・整備を行います。
  2. 安全利用 自転車の交通ルールや正しい乗り方など安全利用のアドバイスが受けられます。
  3. 賠償・傷害保険 自転車を利用中に起きた交通事故に対して賠償・傷害保険が付いています。

自転車安全整備店名簿(神奈川県内)~お近くの自転車安全整備店がわかります~)
公益財団法人日本管理技術協会(お役立ちリンク)