運転免許更新に関するQ&A-20

運転免許証に関する豆知識

1:身分証明書としての利用

運転免許証は、汎用性のある身分証明書として多く利用されておりますが、運転免許証には「性別の記載」がありません。 
そのため、運転免許証だけでは性別を証明することができませんので、身分証明書として利用する場合、状況によっては、「性別を証明する書類」の添付が必要になってきます。 運転免許証はそういう意味から、必ずしも完璧な身分証明書ではないと言うことです。

2:運転免許証は公文書

運転免許証は公文書です。公文書に対し「偽造・変造・不実記載」等を行いますと、文書偽造罪、道路交通法違反になり罰せられます。 顔写真に冗談で悪戯書きをしたり、裏面に落書きしたりすると、それだけで同罪や文書等毀棄罪に問われたりすることがあります。

3:12桁の免許証番号の謎

免許証には12桁の番号が記載されておりますが、この番号には色々な意味が隠されています。 
12桁の番号AABBCCCCCCDE
・AAには、初めて免許証を取得した各都道府県の公安委員会の番号になります。 東京30神奈川45大阪62 というように各都道府県に番号が割り振られております。

※参考~各地方への割り当て番号(一覧表)

10番台 北海道 20番台 東北地方 30番台 東京都
40番台 関東甲信越地方 50番台 北陸中部地方 60番台 関西地方
70番台 中国地方 80番台 四国地方 90番台 九州地方

・BBは、免許を取得した西暦の下二桁です。 
2010年に取得した場合は「10」に、2011年に取得した場合は「11」となります。

・CCCCCCは、各都道府県ごとの一連番号です。 番号は、重複しないように機械で付けて管理してるそうです。
・Dは、チェックデジットです。
入力した数字が間違えていないことを確かめるための数だそうです。 免許証を再発行しても、ここの番号は変わりません。 
・Eは,紛失による再発行した回数になります。 再発行したことのない方は、「0」です。10回再発行しますと、「0」でなく、「1」になります。 

※参考
再発行しても有効期限は延長しません。紛失した免許証と同じ有効期限になります。

4:5桁の番号

交付年月日の横に5桁の番号が付けられていますが、これは各都道府県の公安委員会の内部検索用照会番号です。 

5:ゴールド免許の途中取得

ブルー免許の方が、ゴールド免許の条件がそろっても、次の更新時にならなければ途中でゴールド免許証になることはありません。 ただし、現有免許以外に新たに免許を取得した場合(普通免許を持っていて、新たに大型免許を取得した場合など)、新しく免許証が交付されますが、その時点でゴールド免許の条件を満たしておれば、ゴールド免許証が交付されます。

6:免許の種類の表記

運転免許の表示欄に取得車種をすべて表示することを「フルビット」と言います。ただし、上位免許(その免許があれば他の車も乗れる免許)を先に取得してしまいますと下位の免許は表示されません。 表示させるためには、下位免許より順に取得していく必要があります。

運転免許更新に関するQ&A一覧に戻る