運転免許更新に関するQ&A-17

質問17
運転免許証の再交付の手続きについて教えてください
質問に対する答え
交付手続きは、運転免許試験場でなければできません。
手続きの詳細は下記をご覧ください。

1:受付時間

月曜日から金曜日まで(土曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)
午前8時30分~午前11時00分 午後1時00分~午後4時00分

2:必要書類等

○運転免許証再交付申請書(用紙は窓口にあります。)

○運転免許証(遺失等、盗難)事実てん末書(用紙は窓口にあります。)

○破(汚)損した場合はその免許証

○申請用写真1枚
(タテ3.0cm×ヨコ2.4cm 申請前6ヶ月以内に撮影 無帽、正面、上三分身、無背景)

○身分を証明できるもの
(健康保険証、住民票の写し、住民基本台帳カード、パスポート、学生証、社員証、身体障害者手帳
年金手帳、他官庁発行の許可証(免状)、外国人登録証明書)

※コピー、ファックス類は認められません。

○外国籍の方の場合

在留資格を証明できる外国人登録証明書又は外国人登録原票記載事項証明書

○記載事項変更同時の場合

・本籍、氏名、生年月日に変更のある場合 本籍が記載されている住民票の写し

(外国籍の方は外国人登録証明書等)

・住所に変更のある場合 新住所を確認できる書類1通

(健康保険証、身分証明書、新住所に届いた郵便物等)

3:受付窓口

運転免許試験場2号館2階10番窓口

4:手数料

3,500円

5:その他

○手続きには、4桁数字2組(8桁)の暗証番号の設定が必要です。

6:手続きの順序

手続き流れ

○申請書に記載の上、写真を添えて受付時間内に窓口にお出し下さい。

○再交付と同時の更新の場合は、それぞれ申請書を作成し(写真は更新申請書のみに貼付)2号館2階10番窓口に2枚の申請書をお出し下さい。

○手数料は、更新手続にかかる手数料のみです。

○申請に必要な写真は、試験場内のスピード写真(有料、700円)で撮ることができます。

○再交付の申請は本人しかできません。

○書類作成、写真撮影に時間を要しますので、余裕をもって来場してください。

関連質問
運転免許証を紛失して再発行(交付)手続きを行った場合、有効期間(期限)はどうなりますか?
質問に対する答え
運転免許証の有効期間(期限)内の紛失等で、再発行(再交付)した場合でも、有効期間(期限)は以前のままで変わりません。また、運転免許証が再交付されたときから、新たに更新期間が始まるということもありません。

 

○例えば、平成23年12月1日が有効期限の免許証をお持ちの場合で、運転免許証を紛失したため、23年4月1日に再発行(交付)した場合でも、今まで通り平成23年12月1日が運転免許証の有効期限になります。

 

○運転免許証を再発行(再交付)した場合でも、運転免許証の色が変わることはありません。 要するに、「ゴールド免許証」の方は、「ゴ-ルド免許証」のままとなります。 「青色免許証」などに変わることはありません。

運転免許更新に関するQ&A一覧に戻る