運転免許更新に関するQ&A-16

質問16
「ICカード免許証」ってどのような免許証ですか?
質問に対する答え
ICカード免許証は、免許保有者のプライバシーの保護、偽造および変造免許証を悪用した犯罪防止のために作られたカード式の免許証で、免許証の中に運転者の情報データが記録されたICチップが封入されております。

(1)運転免許証のICカード式への変更(改正)の経緯

神奈川県では、運転免許証につきまして平成21年1月4日から

・個人情報(プライバシー)の保護

・偽造・変造防止

等を目的としてICカード免許証に様式が変更されました。ICカード化された運転免許証ではICチップ内に本籍等の免許情報データが電磁的に記録されたことで、免許証表面の本籍の表示欄が空欄となりました。 さらにICカード免許証が全国的に導入されたことと「臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律」が施行されたことにより平成22年7月17日、運転免許証の様式の再変更が行われました。

従来の免許証と異なる点

・大きさは、クレジットカードやキャッシュカードとほぼ同じ縦5.4cm×横8.56cmです

・ICチップが封入されたために、厚みが0.5mmからクレジットカードと同じ0.76mmとなりました。

・表面の本籍欄が削除されました。(平成21年1月4日から、本籍は空欄になっていたものが、欄自体が削除となりました。)

・ICチップにデータ(免許情報)が記録されております。

記録されている免許データ

氏名、生年月日、本籍、住所、免許証交付年月日、免許証取得年月日、有効期限、免許の種類、免許証番号、顔写真など

(2)変更(改正)の主な内容

運転免許証の表面の変更

神奈川県では平成21年1月4日(段階的に全国に導入)からICカード免許証が導入され、その時から本籍欄は空欄となっていましたが、平成22年7月17日、ICカード免許証が全国的に導入され、免許証の表面に本籍欄を設けておく必要がなくなったため、本籍欄を削除することになりました。

運転免許証の裏面の変更

変更された箇所

改正臓器移植法の施行により、免許証裏面の備考欄を縮小し、「臓器提供の意思表示欄」が設けられました。 ただし、臓器提供意思表示の記載は個人の自由です。

新免許証書式

その他の変更

○暗証番号の設定 ICカード免許証には、暗証番号(4桁の数字2組)の設定が必要になりました。
○免許証交付手数料が2,100円から2,050円に50円引き下げられました。

運転免許更新に関するQ&A一覧に戻る