運転免許更新に関するQ&A-15

質問15
「ゴールド免許証」って何ですか、他にはどんな色の免許証があるのですか?
質問に対する答え
運転免許証の有効期間の部分(帯)に色がついており、それには「金色」「青色」「緑色」の3色があります。「金色」の免許証については、一般的に「ゴールド免許証」と言われており、優良運転者の方に交付されます。

 

○「青色」の運転免許証については、「ゴールド免許証」以外の更新の方に交付されます。 「緑色」の運転免許証については、初めて運転免許証を取得した方に交付されます。最初の更新時から、「青色」の運転免許証になります。

○「ゴールド免許証」は、有効期間の帯の部分が「金色」になり、「優良」の文字が記載されます。

・有効期間は5年です。ただし、更新期間満了日における年齢が70歳の方は5年、71歳の方は4年、72歳以上の方は3年になります。

・有効期間の間に、事故、違反を起こした場合は、次回の更新の際には「青色」の運転免許証に戻ります。

関連質問1
最初に運転免許証を取得した場合は、どんな色の免許証になりますか?

最初に運転免許を取得した場合に交付されるのは、「緑色」の運転免許証です。 運転免許を取得してから、3年間は、運転免許証の有効期間部分が「緑色」になっておりますが、最初の免許証の更新(初回更新)時に「青色」の運転免許証(有効期間3年)に変わります。(有効期間が5年になるためには、最低5年以上の免許歴が必要です。) 「緑色」の運転免許証であっても、更新期限までに上位の免許を取得した場合は、3年経過しなくても「青色」の運転免許証が交付されます。 「緑色」の運転免許証の方が「ゴールド免許証」を取るためには、最短で、2回の免許更新が必要です。
関連質問2
「ゴールド免許証」はどうすればもらえるのですか?

「ゴールド免許証」は、継続して免許を受けている期間が5年以上でその間、無事故・無違反の方に交付されます。 初めて運転免許を取った方やうっかり失効された方には交付されません。 無事故・無違反かどうかについては、運転免許更新時の誕生日から40日前の日以前の5年間が対象となります。 「ゴールド免許証」であっても、事故、違反等を起こせば次回の更新時に、「青色」の運転免許証に変わります。 事故・違反を起こしても、次回の更新時までは、そのまま「ゴールド免許証」です。
関連質問3
無事故・無違反の期間、5年間とはどういう期間ですか?

運転免許の有効期間が満了する年の誕生日の40日前を起算日として、この日より過去5年間であり、更新年の誕生日から、前5年間ではありません。
無事故・無違反期間
関連質問4
現在「ゴールド免許証」なのですが、違反をした後に住所変更を行うと青色の運転免許証になるのですか?

「ゴールド免許証」が切り替わるのは「運転免許更新時及び新しく免許証を取得した場合」のみとなっていますので、住所変更時に変わることはありません。

 
運転免許更新に関するQ&A一覧に戻る